毎日実践!腕時計を長持ちさせるメンテナンス

愛着のある腕時計はできるだけ長持ちさせたいものですよね。

腕時計は日々簡単にできるお手入れを自分ですることで、より長持ちさせることができます。

今回は、腕時計の種類や素材にわけて、自分でできるお手入れ方法について紹介したいと思います。

日々の汚れや汗は故障の原因

腕時計は、常に肌に密着しているため、汗や皮脂汚れなどがどうしてもつきやすいものです。そのまま放置していると、時計の動きが悪くなったり、バンドの傷みの原因にもなってしまいます。

また、腕時計に付着している汗や皮脂汚れ、錆が原因で、肌がかぶれたり、衣服を汚したりする場合もあります。

腕時計は日々、細かな汚れなどを落とすだけで、長持ち度合いは大きく変わってきます。

タイプ別、腕時計のお手入れ方法

1、金属ストラップのお手入れ方法

水に濡れた時や汗をかいたときはすぐに吸湿性の高い乾いた布で拭いてあげるのがベストです。特に繊維質が細かくきめ細やかなマイクロファイバークロスがおすすめです。100円ショップなどでも売っているので、気軽に手に入れることができます。

また、汚れが目立つ時は、中性洗剤を水で薄めた液で洗い、さらに、柔らかい歯ブラシなどを使ってストラップの隙間の汚れをきれいに洗い落として下さい。洗った後は、ストラップのコマの隙間に水分が残らないように乾いた布で拭き取り、よく乾かして下さい。

2、革(レザー)ストラップのお手入れ方法

汗や水分に特に弱いのが、革(レザー)ストラップです。水が付着した時や汗をかいた時は、すぐに吸湿性の良い乾いた布で水分を吸い取るように、擦らずに軽く拭いて下さい。擦ると色が落ちたり、ツヤがなくなったりする場合があります。

また、時計を腕からはずした時は、風通しの良いところに置くようにして下さい。

さらに、太陽光などの強い光にも劣化しやすく、そのままにしておくと皮革の変色やひび割れ、 切れを生じることがあります。

夏場など汗をかきやすい時期は、少し緩めに付けてあげるのもいいかもしれません。

3、プラスティック(シリコン、ウレタンなど)ストラップのお手入れ方法

シリコンやウレタンなどのプラスティックストラップは、他の素材に比べ、水にやや汗には強いものの、温度変化や光に大変弱いのが特徴です。長時間、太陽光など強い光にさらしておくとストラップの劣化が早まります。また、色褪せのほか、汚れや、他のものからの色移りなどの変色が生じることがあります。

水分が付着した時や汗をかいた時は、すぐに吸湿性の良い乾いた布で拭いて下さい。

汚れや臭いが特に気になる場合は、薄めた中性洗剤などを使い、水洗いする方法が効果的ですが、くれぐれも時計本体に水がかからないようにしてください。

腕時計は磁気が大嫌い

腕時計を長持ちさせるために、もう一つ大切な点は磁気から遠ざけることです。

普段使用していて、突然遅れたり、止まったり、針が急に回りだしたりなんて経験をした方もいるかと思います。

それは磁気の影響を受けている可能性がとっても高いといえます。

 

例えば、クォーツ式の時計では、駆動部に磁石を使用しているため、強い磁気の影響を受けることで、回転が早くなったり、遅れたり、止まったりするのです。

磁気を発生する身の回り品について下記のものが挙げられます。

・携帯電話
・オーディオスピーカー
・冷蔵庫・家具(ドアのマグネット部)
・バッグ(留め金のマグネット部)
・携帯ラジオ・携帯オーディオ
・磁気ネックレス
・パソコン(スピーカー部) 等

携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンなど、いまや生活や仕事の必需品のほとんどが、腕時計にとっては天敵ともいえます。
5cm離すだけでも磁気の影響はかなり軽減されますので、保管する際は特に注意してあげてください。

数年に一度はプロのメンテナンスを。。

日々のお手入れをすることで、見た目などある程度長持ちをさせることは可能ですが、腕時計の中身に関してはやはりプロのメンテナンスが必要になってきます。

そのためには、数年に一度定期的なオーバーホールをおすすめします。

オーバーホールとは時計の分解掃除メンテナンスのことです。
特に機械式時計は定期的にオーバーホールすることによって何十年と使い続けることができます。

オーバーホールでは、

・古い油を除去して新しい油をさす
・内部を分解して調整や洗浄
・必要であれば部品の交換

そうすることで内部部品の摩耗を防ぎ、部品交換をなるべくしないようにしていきます。

価格は、ブランドや製造年代によってもまちまちなので、詳しくは専門業者に相談してみてください。

日々のお手入れ&プロのメンテナンスが時計の長持ちの秘訣

腕時計を長持ちさえるのに重要なことは、まずは日々、素材を問わず、乾いたクロスでお手入れすること。汚れを翌日に持ち越すのは厳禁です。
また、時期から遠ざけることもお忘れなく。
そして、数年一度定期的に時計修理専門店にオーバーホールを依頼すること。

すなわち、大切な腕時計を何十年と万全の状態で使い続けることができますよ。