ほんとに必要!?腕時計の果たす役割

スマホや携帯電話を一人一台は持っているような時代。。

時間を知るだけならば、携帯があれば必要ないですよね。

しかしながら、これだけスマホなどが普及してきた現代でも腕時計の生産量や販売数は増え続けているのです。

では、改めて

「あなたにとって時計は必要ですか?」

実は、私達が当たり前のように身に付けている腕時計は、様々なシーンで大事な役割を果たしてくれています。

時計は、自分をアピールするアイテム

腕時計1つで個性の出し方、自分をアピールするための第一印象のポイントにもなります。

例えば、いわゆる超高級品。自動巻きなど時計自体の緻密な構造は製造コストに比例し、ブランドという付加価値によって、さらに価値があがっていきます。また、文字盤やベゼルに宝石などの装飾を施したり、ベルトに希少価値のあるクロコダイルなどのレザーを使用することで、さらにランクが上がっていきます。

そんな腕時計を身につけていれば、それなりの身分やステータスを証明し得ることになります。

また、ファッションの一部として愛用する方も多く見られます。いわゆるアクセサリー感覚です。有名時計メーカーではありませんが、通常の「時間を知る」といった機能性にプラスして文字盤のデザインやベルトなど、よりファッショナブルなものを身に着けることによって、個性を引き立たせてくれます。TPOにあわせて楽しめ、比較的リーズナブルなものも多く見られます。

価格の問題ではなく、時計を身に付けているか否かで、その人の人間性などが知れるといっても過言ではないでしょうか。

大切な人や自分へ想いをつなぐアイテム

ショッピングに行くと、メンズ、レディースの時計が沢山店頭に並んでいて、それがキラキラした宝石のように目を奪われ、自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントにしたいと想いを馳せ、今持っているものからバトンタッチして新調したくなりますよね。

不思議な事ですが、普段身に着ける時計だからこそ、よりそのような想いが強くなるのではないでしょうか。

相手の仕事や立場を考え、「もらったときの笑顔が見たい」と大切な方へのプレゼントとして想いを馳せる。。

頑張った自分には、お気に入りの時計を身につけることで、なぜかいつもと違う新しい自分が演出できたりしますよね。

時にはふと不安になったり、迷ったりすることもあるけれど、でも、いつも前を向く事だけは忘れずにいたい、顔を見上げて自分が身に付けている手元にそっと触れてみる。。

そうすることで、また新たな一歩が踏み出せる。。

普段は、特に意識していないけど、様々な想いを腕時計に託し、身に着けることで守られているような感覚は、魔法にかかったみたいに特別ではないでしょうか。

『時計』本来の意味は、『あなたと同じ時を刻みたい。』などと言われています。
お互いの想いを結ぶ約束みたいで、何だかロマンチックですよね。

まとめ

冒頭でも触れましたが、「時間を知る」という役割はすでに終わっているのかもしれません。
そのため、時計の必要性って聞かれたら一言では言えません。

自分自身や大切な方との過去、現在、未来を繋ぐために、お気に入りの時計を購入してみてはいかがでしょうか。