その差ってなんですか?クォーツ式と自動巻き式ムーブメントの違い

「時」を刻む時計。
腕時計を選ぶときに皆さんは何をポイントに考えますか。
ビジネスやアウトドアなどのシーンによって。。
スーツスタイルやカジュアルスタイルなどのファッションによって。。
ブランドや価格によって。。。
様々なポイントがある中で、今回は、腕時計の心臓部とも呼べるムーブメントについてのお話です。

ムーブメントの種類

ムーブメントとは運動を意味する英語 「movement」 であり、時計においては動作機構などの運動する機械のことを指しています。

では、時計のムーブメントにはどんなものがあるのでしょうか。

クォーツ式

電池で動く時計のことをいいます。日本では最もポピュラーに売られている時計です。電池の寿命は2~3年程度。

最大の特徴は電池がある限り止まらないで、しかも誤差も少なく「時」を刻み続けること。

「今日はこの時計にしよう!!」と思った時には、すぐに腕に巻いてサッと時刻が見えるので大変重宝します。

また、1秒ごとに秒針がカチッ、カチッって音がしながら進んでいきます。

自動巻き

身に着けた時に腕の動きに合わせて、時計が振動に反応して内部のゼンマイを巻き上げる仕組みの時計のことをいいます。

最大の特徴は電池交換の手間がなく半永久的に使えること。電池を使用していないのでECOな時計とも言えるかもしれません。

「自分が身に着けないとゼンマイが巻かれない=自分がいないと生きていけない」

そう思うと、自然と腕時計に対して愛着がわいてきますよね。

また、クォーツと違い秒針が連続してなめらかに進んでいきます。

ちなみに上記は機械式とも呼ばれ、機械式と区別してリューズを手で回す手巻き式もありますが、大きな特徴は自動巻きと同じです。

クォーツと自動巻き、どっちがいいの?

そもそも「どっちがいいの」というよりは、「どちらが好みか」という趣味思考によって評価が分かれるのではないでしょうか。

「時計」=精密機械という「イメージ」があるので、手間やコストの面では自動巻きの方がいいかもしれませんが,遅れなどが少ないという精度ではクォーツの方がいいかもしれません。

あくまでも、何にポイントを置くかが評価の分かれ目になるかと思います。

自分のライフスタイルや嗜好に合った時計を、ぜひ探してみてください!!