腕時計の常識!?日付の合わせ方

カレンダー付の機械式時計をつかっていると、ふと気がつくと数分進んでいたり、日付も暦によっては1日ずれていたりなどすることってよくあると思います。

普段、何気なく調整している日付や時刻の調整。。。

実は「操作禁止時間帯」があるのをご存知でしょうか。

知らないで操作をして

「大事な腕時計が壊れてしまった」

などがないようにしたいものです。

腕時計の操作禁止時間帯

簡単にいうと時刻を合わせている時にカレンダーが動いている間が操作禁止時間帯です。

例えば、最初に日付が動き出したのが前日の午後11時30分で、完全に切り替わったのが翌日午前4時00分の場合、この腕時計の”操作禁止時間帯”は午後11時30分~午前4時10分です。

この操作禁止時間帯に該当する時間帯にカレンダーを操作すると、時計の内部で歯車が日付を変更する体制にはいっているため、針を無理に動かすと負荷をかけてしまい、故障の原因になりますので絶対に行わないようにご注意ください。

日付の合わせ方
1、午前・午後の確認

竜頭を2段目まで引き、12時の位置で針を止めます。これで針回しのスタンバイはOK。

ちなみに、あまり強い力で引くと竜頭が抜け落ちてしまいますのでご注意ください。

この状態から針を進めて、12時を過ぎる頃からカレンダーが変わり始めればこの腕時計は夜中です。その逆に、12時になっても変わらない。さらに1時半でも変わらない。と言うことは、この腕時計は昼間です。

2、日付を合わせる

竜頭を一段戻して、日付を調整してください。

午前か午後の確認をせずに日付を合わせると、知らない間に半日ずれてるってこともあるのでくれぐれも注意してください。

3、時刻を合わせる

再度、竜頭を2段目まで引き時刻を合わせて、竜頭を元に戻してください。

 

これで完了です。

まとめ

日付合わせの際のポイントは2点。

①操作禁止時間帯には操作しない。

②午前と午後をきちんと確認する。

以上を知って、腕時計をより長く大切にご使用ください。